社長の斎藤です

大工を諦めた私が、自分の住みたい本物の家を建てる  嘘をつかない、正直にやることが信条です

私の生まれは、青森県弘前市です

といっても、1才の頃、愛知県豊田市に引っ越してきたので、青森の記憶は全くありません。

両親は、祖父母から引き継いだ理髪店を経営していましたが、経営が上手くいかず、なかば夜逃げ同然の格好で、愛知県にある大手自動車メーカーの期間工として働くようになりました。そして、正社員に採用されたことをキッカケに、家族みんなが愛知県に呼ばれました。

父は、不安定な個人経営の理髪店ではなく、安定を求めたのだと思います。

私は、子供の頃から背が高く、運動神経にも恵まれていたので、将来は、プロ野球選手になろうと、野球にばかり打ち込んでいました。当時の作文を見ても、「将来の夢」は、プロ野球選手になることと、何度も書いていました。

私の自宅を見てください
いつも直球勝負 斎藤 浩司

父もそんな私の夢を応援してくれたのだと思います

仕事帰りには、必ずキャッチボールに付き合ってくれました。私は、父の帰りが楽しみで、楽しみで仕方ありませんでした。

小学生の頃には、地元の少年野球に入り、ピッチャーで、4番打者。キャプテンも務めていました。中学も当然野球部に入り、朝から晩まで、練習漬けの毎日でした。

将来プロ野球の選手になる」。野球のことしか考えていませんでした。

その甲斐もあって、中学3年生の時には、複数の野球の強豪校から誘いをうけ、夏休みには、内定先高校の練習に参加させて頂くまでになりました。

私は「絶対にレギュラーになって、甲子園に行く」と決めていました。そして、絶対にプロ野球選手になると決めていたのです。

それは、野球が好きだということもありましたが、沢山お金を稼いで、苦労続きの母親を楽にさせたいと思っていたのです。

父は、私の応援者

ですから、人一倍練習に励みました

そして、野球で有名な地元高校の内定を獲得するところまで、こぎつけたのです。本当に、嬉しかったです。

ところが、高校入学目前の2月のことです。靭帯断裂という大きな怪我をしてしまいました。スポーツ選手にとっては、致命的な怪我です。たとえ怪我がなおって歩けるようになっても、とても、プロ野球の選手としては活躍できません。
そんな不安は的中し、私の入院生活は夏前まで続いてしまったのです。高校入学の時期も逃したため、私は高校進学さえ諦めてしまいました。

あの怪我さえ無かったら・・・

今でも、そう思うことはありますが、あれも私に必要な試練だったのだと思います。

私が病院を退院した時、テレビでは、甲子園大会が始まっていました。1年生でレギュラー選手として出場している人もいました。私は、悔しくて、悔しくて、まともにテレビ中継を見ることが出来ませんでした。

プロ野球選手が夢でした

15才で社会人になった私は、

明確な目的意識も持てず、地元の小さな町工場で、油まみれになって働いていました。しかし、どんな仕事についても、直ぐ辞めてしまう。当時家族には、本当に心配をかけてしまいました。

18才になった頃、そんな私に「中古車販売の営業の仕事」を紹介して下さった方がいました。

油にまみれた工場の仕事しかしたことのなかった私にとっては、「スーツにネクタイ」の仕事に就けるとは、思ってもみませんでした。

洋服やオシャレが好きな私は、最初「格好」で、この「営業職」を選びました。

しかし、中古車販売会社に入社してみると、厳しい現実が私を待っていました。

毎週月曜の朝礼では、激しいゲキに、泣きだす先輩営業マンもいたほどです。

15才で社会人に

私は、感じました。「泣いている暇はない」

俺は、プロ野球選手になるという夢は、怪我で断念したけど、この営業の仕事では、絶対に負けない。営業のエースになってやる」と決意したのです。

そして入社3カ月目から、会社を辞めるまでの5年間、
30人いた営業マンの中で、常に、3位以内の成績を確保することが出来たのです。
これは、野球を断念せざるを得なかった悔しさをバネに出来たからだと思うのです。

営業マンを頑張りました

二度と、あんな悔しい想いはしたくありませんでした

新車よりも高く売れる高級「新古車」が、バンバン売れました。しかし、バブル景気の終わりと共に、営業マンも減って行き、最後は、社長と、店長と、私の3人だけになってしまいました。

しかも、あろうことか社長も逃げていなくなったので、店長と、私だけが、その会社に残されることになりました。

私は、お金だけ預かって納車していないお客様が3名いたので、無責任な行動をとれなかったのです。だから、店長と、私の二人だけになっても、私を信じてくれたお客様を無視して、逃げ出せなかったのです。

弁護士にも相談し、そこまでする必要はないと言われましたが、お客様が支払った500万円は、個人として、私が支払いました。私にとっても大金だったので、転職したのちも新聞配達や週末アルバイトをして、30才までかかって完済しました。

私が最後まで、会社に残ったのは、中学しか出ていない私に営業を教えてくれた店長に御恩返ししたかったという気持ちもありました。

しかし、店長から、こんなことを言われました

「斎藤、お前早く仕事を見つけろよ。お前が新しい職に就くまでは、俺も次の仕事を探せないじゃないか」。

そして「斎藤、お前、大工にならないか? 職人は良いぞ! 手に職をつければ、どこでも食っていける。学歴も関係ない。その腕で、食っていけるんだ」。そんな風に、大工になることを勧めてくれたのです。

そして、店長の幼馴染で、大工の親方をしている方を紹介してくれたのです。

私は、店長の勧めに従って、直ぐに、大工見習いとして修行を始めることにしました。
私が、24才の時です。

新人の大工としてスタートするには、大分遅すぎるスタートです。しかし、信頼していた社長に逃げだされ、心が病んでいた私にとって、大工という畑違いの仕事は、むしろ都合が良かったのです。

半年後には、結婚も決まっていました

会社が倒産し、自分は大工に転職したばかりなので、結婚式を延長することも考えない訳ではありませんでした。しかし、あえて、延期しないことで、自分にプレッシャーをかけたのです。それに、職人仕事は、15才の頃から経験があります。

それも、小さな自信にはなっていました。

「油のにおい」から「木のにおい」に変わっただけだと、自分に何度も言い聞かせて、とくかく大工仕事を覚えることに集中しました。

大工道具の名前から、建築用語、木の種類等々、新婚の妻がいてくれることも手伝って、仕事を覚えることが楽しくて仕方ありませんでした。

建築現場で会う職人さんや、材料屋さんは、不思議な顔で、「斎藤くん、なんで、24才から大工になろうと思ったの?」と聞いてきました。

新婚当時の妻と私です

そんな質問にあうたびに、「早く仕事を覚えよう」  「覚えたい」と思いました

そして、「俺は、遅れてデビューした大物ルーキー」なんだと、心の中で呟いて、ボジティブに考えました。

今でも感謝しているのは、私を指導してくれた大工の親方は、無垢の木を手刻みする本格的な仕事を得意とする大工さんだったことです。

斎藤くん、この木の匂いはどうだい?
これは、地元の地松だよ、松は、この匂いだよ

と、親方は、木の香りや、名前、特徴までも詳しく私に教えてくれたのです。

そして、今では珍しくなった木材への墨付けや刻みといった手作業を全部教えてくれました。それは、今でも私の財産になっています。

内装も、無垢フローリングや塗り壁といった自然素材を多用する本物の家づくりでした。私は、そんな親方のもとで、大工修行が出来たことを、本当に感謝しています。

尊敬する親方と、私

手刻みを覚えたことで、「家の構造」を深く知りました

そして、もう1つ学んだことがあります。それは、道具は職人の命であり、「道具を粗末にする奴と、作業場や現場を綺麗に掃除できない奴は、ろくな職人にならん」という教えです。

これは、親方から学んだ建築知識、建築技術以上に、今でも大切にしている心掛けです。

大工修行時代の家づくりは、床や天井は、無垢材、壁も無垢材か漆喰でした。私が学んだ家づくりは、自然素材の家づくりだったのです。

私は、親方のような自然素材の家づくりが出来る大工になるつもりでした。しかし、2階の梁の上で転倒し、古傷の靭帯を再び痛めてしまいました。しゃがむことが出来ないから、「現場以外の仕事を選んでは?」と、お医者さんから勧められ、また生まれる子供のためにも、大工の道を諦めざるを得なくなりました。

大工修行6年目、29才の時です。

私は、大工修行時代に培った知識を生かせると思って、建築会社の現場監督に転職をしました。

大工職人になる道を諦めたのだから、家づくりの全工程の段取りや知識を身に付けられる仕事がしたいと思ったのです。

しかし、私のその選択肢は間違っていました。
現場監督として就職したその建築会社は、不動産と住宅をセットで販売する、いわゆる建売屋さんでした。私が大工修行時代に学んだ本物の家づくりとは、まったく違うものでした。

監督の仕事も覚えました

床材は、合板フローリング、壁・天井はビニールクロス

今もよく覚えています。
完成間際の新築現場に社内点検で行くと、目がチカチカして、鼻がツーンとしたのです。目が充血するほどでしたから、相当に問題があったと思います。

不安になって、その当時の社長に聞きました。すると・・・
「3カ月もしたら、消えて行くし、馴染んで行くよ。お客さんに聞かれたら、そう答えなさい」と言われました。

明らかに問題のあるシックハウスです。
私は、こんなシックハウスを作るために大工修行をした訳ではないし、建築の世界に入った訳でもありません。悶々とする日が続いたある日、転職を決意しました。

そして、リフォーム会社への転職を決意しました。

私は大工の修行をし、現場監督も経験しましたから、大規模なリフォームの仕事も学びたいと思ったのです。大規模なリフォームにおいては、新築の知識も必要です。

私は、いずれ自分で建築会社を創業したい  と思っていましたので、

新築もリフォームも分かるようになっておきたかったのです。

そして、私が大工修行時代に建てていた本物の家づくりがしたかったのです。

リフォーム会社の修行では、思わぬ副産物もありました。それは、マンションリフォームの経験を積むことが出来たことと、デザインセンスを磨くことが出来たことです。

そして、満を持して自然素材の家づくりをする建築会社を創業したのです。

自然素材で自宅を建てました

創業前には、私が作りたかった「本物の素材」で  自宅を建築しました

2階の梁で転倒し大工を断念したあとは、建売会社でも、リフォーム会社でも、新建材を使った「偽物の家づくり」ばかりでした。

私は、そのフラストレーションを吹き飛ばすように、大工修行時代にあこがれていた「本物の家」を自宅建築で試したのです。私の「家づくり」の原点をマイホーム建築で実現させることが出来ました。

私は、「本物の家」を作りたいと考えて、独立したのです。

私の家づくりの想いは、「自分が住みたい家」を建てることです。
だから、自然素材をふんだんに使った家を建てたいのです。

お客様の家づくりも、自分の家を作るつもりで取り組みたいと考えているので、私が提案する家づくりは、自然素材を取り入れた家なのです。

自分が住みたい家しか建てません
サイトウホーム株式会社

代表取締役 斎藤 浩司

お問い合わせは、こちらに!

私の自宅を見てください
いつも直球勝負 斎藤 浩司

追伸

私は、24才から大工の修行を始めました。
怪我で大工になることは諦めましたが、自然素材を使った「本物の家」を建てたいと思って建築会社を創業しました。

建ててもらうのは、信頼出来て技術力もある大工さんです。
でも、墨付け手刻みの大工修行をし、現場監督も、大規模リフォーム工事も経験した私が全て責任を持ちますので、必ず「いい家」を建てます。

自分が住みたいと思える家しか建てません。
これが私のお約束です。

  •  

お問い合わせはこちらまで:お電話でのお問い合わせ・ご相談052-934-7581

  • 資料請求はこちら
  • お問い合わせはこちら

メールセミナー 全7回

メールセミナーで勉強してから家づくりをスタートさせてください。

お名前
お住まい
メールアドレス

  • サイトウホーム top
  • 社長の斎藤です
  • 失敗しない家づくり
  • はなまるな家とは
  • 工務店のリフォーム
  • 施工事例
  • 本物の自然素材
  • お客様から頂いた声
  • 会社概要
  • サイトウホームのスタッフ
  • 自慢の職人さん
  • しっかりした仕事の証
  • イベント・お知らせ
  • 斎藤社長ブログ
  • 資料請求
  • お問い合わせ

お客様の声

  • Y様邸
    (愛知県日進市)

  • 上原 誠 様(40才)
    (名古屋市緑区)

  • 柿木 由美子 様(45才)
    (愛知県豊田市)

  • 樋口 浩和 様(36才)
    (名古屋市緑区)

  • D N 様(53才)
    (三重県桑名市)

斎藤 浩司 Facebook

  • べっぴんハウス
  • アトピッコハウス