大工の現場監督も経験し、自分が建てたい家に住んでいます。私の自宅が、私の建てたい自然素材の家です。いつでも、見に来てください!

騒音による睡眠障害を予防するために

投稿日:2019年10月01日 作成者:


騒音による睡眠障害を予防するためにあなたは、今まで何回引っ越しをしましたか?

引っ越し先で就寝したとき、

それまで住んでいたところより騒音がうるさくて

眠れずに困ったことはありませんか?

名古屋で自然素材で気持ちのいい家づくりをしている
サイトウホームスタッフの近藤です。

30デシベルを超える騒音は、

睡眠に影響を与えるといいます。

 

もし今、騒音による睡眠妨害に悩まされているなら

スマホに測定アプリを入れるなどして調べてみると

いいですよ。

 

現役医師の徳田安春先生は、自身のメルマガで、

騒音がもたらす健康被害について紹介しています。

騒音による健康被害と言えば難聴をイメージしますが、

その他にも睡眠障害や認知障害、高血圧や脳血管障害、

心筋梗塞等の心血管疾患など、さまざまな症状があるそうです。

就寝したい時間帯に騒音が聞こえると、

寝つきが悪くなったり眠りが浅くなります。

その状態が長く続くと、心身に悪影響が出ます。

疲れが抜けにくくなったり怒りっぽくなったり…。

もしかすると、経験があるかもしれませんね。

(夏の夜、毎日のようにバイクの集団走行が続いた年は、

知人もそうなりました。)

 

では、睡眠時間帯の騒音からあなたや家族を守るには

どうしたら良いのでしょう。

 

最も良いのは、騒音が少ない地域に住むことです。

しかし、利便性の良い土地はそれなりに交通量があるので

あまり現実的とは言えませんよね。

それなら、住宅の防音性を高める方向で考えてみましょう。

窓の防音性は、壁より劣ります。

その対策として

・防音性の高い窓を設置する

・通りに面している壁や寝室の窓を小さめにする

などの方法があります。

遮音性の高いカーテンを併用するのもいいですよね。

なお、吹き抜けの近くに寝室を設けると、

1階の物音が気になる場合があります。

家族より早い時間帯に就寝する人にはお勧めできない位置です。

どの程度の騒音をストレスに感じるかは人それぞれです。

物音に敏感なら打ち合わせの際に業者に対策を相談しておきましょう。


メールマガジン

「失敗しない住まいづくりの秘訣:全34回」や「失敗しない土地選び秘訣:全10回」の無料購読や
ブログでは話せない住まいに関する情報や定期的にプレゼント付のメールも配信中!!
登録は無料!住まいづくりの課題解決のヒントを詰め込んだメールマガジンです。

購読は無料!登録は簡単!是非ご登録ください。

都道府県



資料請求

サイトウホームは無垢材や自然素材にこだわり
住まう人と共に呼吸する家づくりを提案しています。

サイトウホーム資料御希望の方は、こちらからです。

無料資料のご請求はこちら

お問い合わせ

無垢材や自然素材を家づくりは高いと思っていませんか?
新建材もタダではありません。
自然素材の価値と差額で考えると自然素材を取り入れる事も可能です。

サイトウホームお問い合わせはこちらから。

お問い合わせはこちら

カテゴリー: 睡眠障害予防 | タグ: , , | 騒音による睡眠障害を予防するために はコメントを受け付けていません。

お問い合わせはこちらまで:お電話でのお問い合わせ・ご相談052-934-7581

  • 資料請求はこちら
  • お問い合わせはこちら

メールセミナー 全7回

メールセミナーで勉強してから家づくりをスタートさせてください。

お名前
お住まい
メールアドレス

斎藤 煌時 Facebook

  • はなまる工務店
  • アトピッコハウス

カレンダー

2019年10月
S M T W T F S
« Apr    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

カテゴリ