大工の現場監督も経験し、自分が建てたい家に住んでいます。私の自宅が、私の建てたい自然素材の家です。いつでも、見に来てください!

» 繰り上げ返済 どちら減らす

繰り上げ返済でどちらを減らすか

投稿日:2020年02月03日 作成者:


先日、繰り上げ返済をする前にやっておきたいこと

 

愛知県名古屋市で自然素材の家づくりをしている地域密着工務店
ナンバー1サイトウホームスタッフの近藤です。

 

設備交換、外壁や屋根のメンテナンス、

家電や車の買い替え、教育費…。

全部を合計すると結構な金額になりますよね…。

ところで、繰り上げ返済をする際は、

・返済期間を減らす

・返済額を減らす

のどちらかを選ぶことになります。

さて、向いているのはどちらでしょう。

 

■返済期間を短縮する

繰り上げ返済する時期が

早ければ早いほど利息を減らせるので、

その方がお得感が増します。

・メンテナンス費用などの積み立ては順調

・予備費の貯蓄は万全

・月々の返済額は今のままで問題無い

・心理的な負担を少しでも早く減らしたい

といった方に向いている方法です。

 

なお、ボーナス払いを併用している場合、

・月払いとボーナス払いの両方に充当して、どちらも期間短縮する

・ボーナス払いの分だけ期間短縮するのどちらかを選べます。

 

■月々の返済額を減らす

転職や教育費の増大などで収支の計画が狂い、

毎月の返済を負担に感じている方に向いています。

 

とはいえ、メンテナンス費用や予備費の確保が計画通りに

進んでいないなら、繰り上げ返済で月々の返済額を軽減するより、

手元の資金を増やすことを優先した方が良い場合もあります。

 

■お得感より安心感を

完済時期が定年後に設定されているのなら、

まずは定年までに完済できるよう、

『返済期間短縮型』を選んだ方が良いでしょう。

 

その後、毎月の返済額を少しでも抑えたい時は『返済額軽減型』を、

返済額がそのままで問題無い時は『期間短縮型』を、

家計の状況に合わせて選ぶようにします。

 

常に返済期間短縮型を選んだ方が総返済額を減らせますが、

それが原因で日々の暮らしが困窮しては意味がありません。

その都度家計をチェックして、

繰り上げ返済後も安心して暮らせる方法を選びましょう。

 

■変更もキャンセルもできません

最近は、シミュレーションサイトやアプリなど、

手軽に計算できるアイテムが増えて助かりますね。

 

ただ、計算結果を見ると、

少しでも多くの利息を減らしたくなるかもしれません。

 

しかし、繰り上げ返済は、一度支払ってしまえば

後から方法の変更やキャンセルはできません。

 

もし判断に迷った時は、

親や知人などではなく、

お金の専門家であるFPに相談し、

正しい知識を得た上で最善の方法を選びましょう。

 

ご不明点がございましたらお気軽に当社までお問合せください。
当社の経験豊富なスタッフが家づくりに関して全力でサポートいたします。


メールマガジン

「失敗しない住まいづくりの秘訣:全34回」や「失敗しない土地選び秘訣:全10回」の無料購読や
ブログでは話せない住まいに関する情報や定期的にプレゼント付のメールも配信中!!
登録は無料!住まいづくりの課題解決のヒントを詰め込んだメールマガジンです。

購読は無料!登録は簡単!是非ご登録ください。

都道府県


資料請求

サイトウホームは無垢材や自然素材にこだわり
住まう人と共に呼吸する家づくりを提案しています。

サイトウホーム資料御希望の方は、こちらからです。

無料資料のご請求はこちら
カテゴリー: 繰り上げ返済 どちら減らす | タグ: , , | 繰り上げ返済でどちらを減らすか はコメントを受け付けていません。

お問い合わせはこちらまで:お電話でのお問い合わせ・ご相談052-934-7581

  • 資料請求はこちら
  • お問い合わせはこちら

メールセミナー 全7回

メールセミナーで勉強してから家づくりをスタートさせてください。

お名前
お住まい
メールアドレス

斎藤 煌時 Facebook

  • はなまる工務店
  • アトピッコハウス

カレンダー

2020年6月
S M T W T F S
« May    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

カテゴリ