大工の現場監督も経験し、自分が建てたい家に住んでいます。私の自宅が、私の建てたい自然素材の家です。いつでも、見に来てください!

» 奥行きのブログ記事

収納は奥行きが肝心

投稿日:2017年07月20日 作成者:


間取りを決める時、各部屋にたっぷりの収納スペースを確保できると安心します。
でも、そこに何を収納するか決めず、間口や容積に気を取られていると、
使い勝手の悪い収納スペースが完成してしまいます。
間口に気を取られがちなんです。。。

収納奥行き

愛知県名古屋市で地元地域密着とお客様とオンリーワンの
自然素材の家づくりを目指す、サイトウホームスタッフの
近藤です。

収納したいものの奥行きを測ってみましょう

例えば玄関のクローゼット。
一般的な奥行きは60センチほどですが、恰幅の良い家族がいるなら、
それ以上の奥行きがないと対応できませんよね。

逆に、文庫本しか置く予定がないのに、雑誌が置けるほどの奥行きがある本棚を設けても、
手前の余った空間にホコリが溜まって掃除の手間が増えます。

悩んだことのない人は一般的な提言しかできません

仕事優先で家事をする機会が少ない人には
掃除や片付けの悩みはわかりません。
そのため、たとえ設計士などの資格を持つ人でも収納スペースについて
一般的な提言しかできないことがあります。

良いアドバイスをもらうために、「来客用の布団が客間の押し入れに入りきらない」
「夫の靴が大きくて、アパートの靴箱だと扉が閉まらない」
「調理器具を収納する場所が足りない」など、今の収納に対する悩みを
場所別に書き出してみましょう。

収納スペースが生活に対応できていないと、 
先々のストレスの原因になります。

次の休日は、メジャー片手に家の中を調べてみませんか?

活用できないこともあります。屋根裏や階段下、床下などのデッドスペースは、
利用頻度の少ないものを収納するのに最適な空間です。
しかし、重いものを収納するなら補強が必要な場合があります。
また、断熱や換気の能力を確保するために、収納空間として利用できない場合もあります。

どこに何をどれくらい収納したいのか、
明確にしておきたいですね。

 


 


 

メールマガジン

 

「失敗しない住まいづくりの秘訣:全34回」や「失敗しない土地選び秘訣:全10回」の無料購読や
ブログでは話せない住まいに関する情報や定期的にプレゼント付のメールも配信中!!
登録は無料!住まいづくりの課題解決のヒントを詰め込んだメールマガジンです。

購読は無料!登録は簡単!是非ご登録ください。


 


 

資料請求

 

サイトウホームは無垢材や自然素材にこだわり
住まう人と共に呼吸する家づくりを提案しています。

サイトウホーム資料御希望の方は、こちらからです。

無料資料のご請求はこちら

 


 

お問い合わせ

 

無垢材や自然素材を家づくりは高いと思っていませんか?
新建材もタダではありません。
自然素材の価値と差額で考えると自然素材を取り入れる事も可能です。

サイトウホームお問い合わせはこちらから。

お問い合わせはこちら

 


 

カテゴリー: 収納 | タグ: , | 収納は奥行きが肝心 はコメントを受け付けていません。

2世帯住宅はお年寄り目線で

投稿日:2015年01月08日 作成者:


こんにちは! 愛知県名古屋市で自然素材にこだわり
住まう人と共に呼吸する家づくりをする
木造注文住宅専門、地域密着工務店の
サイトウホーム代表の斎藤浩司です。

目線が変わると敷居が気になります。

和室敷居

私は建築というこの仕事をしてバリアフリーという
言葉をよく使います。

改めてバリアフリーとはどんな意味の事を言うのでしょうか。
今回はこのバリアフリーについてお伝えしたいと思います。

バリアフリー。この言語についてですが、まず、「バリア」
について。

「バリア」とはジャマをするもの。
「フリー」ジャマがない状態。

車椅子に乗っている人は階段を上がる事は難しいです。
でも、そこにあるのが階段ではなく
緩やかなスロープでしたら進む事が出来ると思います。

このように不自由な方が安全に移動する事が出来る為
設備を整えたり、専用の道具を使用したりすることで
目の前のバリアを取り徐いていこう。

これがバリアフリーの意味です。

私の体験談の中からお伝えしたい事があります。
随分前ですが足の靱帯を損傷し一時ですが
車椅子の生活をした事があります。

どんなにバリアフリーという言葉だけが浸透していても
実際に車椅子で外を移動しないとその不便さが
伝わりません。

地面が砂利だったり、ぬかるんでいる地面では車椅子の
タイヤは、はまり上手く前に進めません。

バリアフリーのマークのあるトイレを見つけても
トイレの手前の通路に小さな段差がいくつかあり
トイレに辿り着くにも大変困難でした。

そして、トイレに入ってもスイッチが遠かったり
して手が届かなく、どうしても高さばかりに気に取られ
奥行きには気が回らないのですね。

私はこの仕事をしていて基準ばかり
OKではいけないと思います。

実際に車椅子での生活をすると気づきが多いのです。
先程のバリアフリーの意味にプラスしないといけない事は

「不自由な方の立場になって考える事。」

そうすると、もっと、もっと改善をしなければいけない事が
沢山見えてくると思うのです。

一歩外に出れば不自由な環境ばかり。

せめて、日々暮らす住宅だけは
快適にしてあげたい。

車から降りてアプローチを通り玄関を開ける。
この間の動作だけでも我が家では改善する箇所が
幾つかありました。

2世帯住宅の3階建てとして我が家は建築しました。
同居について母親はまだまだ大丈夫との言葉を
聞きながら新築して10年以上過ぎました。

この間のお正月に話し今年の3月からやっと同居する事
になりました。年齢も75歳。4人の孫に囲まれた母親をみて

「あ~、おばあちゃんになったな~」

腰が弱くても辛うじて車椅子ではなくゆっくり歩くことは
出来ますが、今後の事を考えて家の中を車椅子で生活できるように
対応しないといけません。

玄関に入るスロープや手摺の位置、スイッチの高さ。
生活のしやすい奥行きのない空間にしないといけませんね。
新築当時の私はまだまだ、勉強不足でした。

1階を母親の暮しの場と思い、キッチン、洗面トイレ
お風呂と寝室、台所、納戸を設けましたが

全て健常者としての仕様でした。

高齢の母親の生活を全く想定せず、これではいけません。

自己反省。

私のように後からリフォームという選択もありますが。
始めから同居する事が前提でしたら

高齢者仕様にする事が優しいですよね。

高齢者仕様に始めからしていたらもっと、早く同居出来たかも
しれませんし、母親に無駄な気を使わせていたようで残念です。

3月までに工事を完成させ、

2世帯住宅をお考えの方に私の実体験とし
優しいい真の提案ができると思います。


メールマガジン

「失敗しない住まいづくりの秘訣:全34回」や「失敗しない土地選び秘訣:全10回」の無料購読や
ブログでは話せない住まいに関する情報や定期的にプレゼント付のメールも配信中!!
登録は無料!住まいづくりの課題解決のヒントを詰め込んだメールマガジンです。

購読は無料!登録は簡単!是非ご登録ください。



資料請求

サイトウホームは無垢材や自然素材にこだわり
住まう人と共に呼吸する家づくりを提案しています。

サイトウホーム資料御希望の方は、こちらからです。

無料資料のご請求はこちら

お問い合わせ

無垢材や自然素材を家づくりは高いと思っていませんか?
新建材もタダではありません。
自然素材の価値と差額で考えると自然素材を取り入れる事も可能です。

サイトウホームお問い合わせはこちらから。

お問い合わせはこちら

カテゴリー: 2世帯住宅 お年寄り目線 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 2世帯住宅はお年寄り目線で はコメントを受け付けていません。

お問い合わせはこちらまで:お電話でのお問い合わせ・ご相談052-934-7581

  • 資料請求はこちら
  • お問い合わせはこちら

メールセミナー 全7回

メールセミナーで勉強してから家づくりをスタートさせてください。

お名前
お住まい
メールアドレス

斎藤 煌時 Facebook

  • はなまる工務店
  • アトピッコハウス

カレンダー

2018年2月
S M T W T F S
« Jan    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

カテゴリ