サイトウホーム株式会社

052-934-7581
受付時間:10:00〜17:00(定休日:土日祝日)

ブログ

BLOG

2020年3月11日

新居の日差しを利用して骨粗鬆症を予防しましょう

「共働きで、自宅には夜しかいないから」

「日当たりの良い家に住んでいた時、夏の暑さに辟易したから」

「日当たりが悪い土地の方が割安だから」

などの理由で、敢えて日当たりの悪い土地を選ぶ方がいます。

日差し

愛知県名古屋市で自然素材の家づくりをしている地域密着工務店

ナンバー1サイトウホームスタッフの近藤です。

住み始めてから冬の日当たりの悪さを知ったものの、

やむを得ず住み続けている方もいます。

日当たりが悪い住まいで暮らすと、よく

・カビやダニが繁殖しやすいので健康に良くない

・セロトニン(幸せホルモン)の分泌量が減るので

鬱やストレスなど、心の病気になりやすい

と言われますよね。

今日は、もう一つのリスクについてお話しします。

それは『骨粗しょう症』です。

40代まで維持されていた骨密度は、

50歳頃を境に緩やかに減少します。

やがて、男性は70歳以降、女性は閉経前後を機に、

急速に減少していきます。

そのまま進行すると、骨粗しょう症のリスクが高まります。

■骨粗しょう症の予防策

骨粗しょう症財団が推奨する予防策は以下の3つです。

・栄養バランスを考え、カルシウムを十分に摂取する

・男性は7000歩、女性は6000歩を目安に毎日歩く

・『日焼け止めを塗らない部分』を

1日15~30分程度、日に当てる

■負担なく日光浴できる環境を

ビタミンDには、

カルシウムの吸収率を2~5倍に増やす働きがあります。

ただ、キノコ類や一部の魚類以外の食物には殆ど含まれません。

不足分を補うには、紫外線を浴びて

体内でビタミンDを形成するしかありません。

かといって、紫外線対策をしないまま外出すると

皮膚の乾燥やシミ・シワ、ガンや白内障などが心配です。

となると、自宅での生活の中で、

気負わず日光浴できる環境を整えるのが

一番良いと思いませんか?

計画しているプランで新居が完成したら、

どの時間帯にどれだけの日差しを得られるでしょう。

近年、赤ちゃんのビタミンD不足が増加しているといいます。

家族の健康のため、ぜひシミュレーションしてみてくださいね。

■私には無理です。

地域や季節、肌の色にもよりますが、環境省によると

『標準的な日本人が、皮膚の25%(概ね、両腕と顔に相当)を

日焼け止めをせずに露出して、東京都心で8月1日の昼ごろ、

雲が少しある晴れた日に外出するとして3分間。

同様に、1月1日の昼ごろに12%(顔と手程度に相当)

を露出して外出すると約50分間』

が目安だとか。

毎回計算し、時間を気にして外出するなんて、

私には到底無理です…。

ご不明点がございましたらお気軽に当社までお問合せください。
当社の経験豊富なスタッフが家づくりに関して全力でサポートいたします。


メールマガジン

「失敗しない住まいづくりの秘訣:全34回」や「失敗しない土地選び秘訣:全10回」の無料購読や
ブログでは話せない住まいに関する情報や定期的にプレゼント付のメールも配信中!!
登録は無料!住まいづくりの課題解決のヒントを詰め込んだメールマガジンです。

購読は無料!登録は簡単!是非ご登録ください。

都道府県


資料請求

サイトウホームは無垢材や自然素材にこだわり
住まう人と共に呼吸する家づくりを提案しています。

サイトウホーム資料御希望の方は、こちらからです。

無料資料のご請求はこちら
カテゴリー
More
最新情報
ランキング
月別アーカイブ
投稿者