サイトウホーム株式会社

052-934-7581
受付時間:10:00〜17:00(定休日:土日祝日)

ブログ

BLOG

2020年1月14日

専門家が『いずれ必要なくなるのに…』と思うのは

娘が小学校に入学する前にと新築した知人

子供部屋

愛知県名古屋市で自然素材の家づくりをしている地域密着工務店

ナンバー1サイトウホームスタッフの近藤です。

子ども部屋の壁紙は、娘さん本人が選びました。

天井も壁もピンクで、かわいらしいキャラクター入り。

お友達にも大人気でした。

月日が流れ、この4月に高校生なった娘さんは、

「子どもっぽい壁紙が恥ずかしくて、新しくできた友達を呼べない」

と、壁紙の張り替えを希望しているとか。

当初の予定では、娘さんが巣立った後に奥様好みの壁紙に張り替えて、

趣味の部屋にするつもりだったそうです。

「受験前の塾の出費、入学に関わる出費とか、

大きな出費が続いたところにその要望はつらい…」

とグッタリしている知人と譲らない娘さん。

まだ決着していませんが、勝負の行方が気になります。

■作った方が良いもの

先日、SUVACOが専門家を対象に調査を行いました。

家づくりで「作った方が良いもの」の第一位は

『断熱』となりました。

ちなみに、2~5位は、『パントリー』『耐震』『床暖房』

『シューズインクローゼット』となっています。

■必要ないと思うもの

「やがて必要がなくなるのに、つけたがる・

作りたがる施主が多い設備や部屋、性能」 

の第一位は『子供部屋』となりました。

2~5位は、『客間』『床暖房』『必要以上の個室』

『書斎』となっています。

■複数の用途に使える部屋づくり

例えば、テーブルやベッド、ソファーではなく、

コタツや布団を使う生活スタイルなら、

その部屋は居間としても客間としても使えます。

一つの部屋を家具やパーテーションなどで仕切れば、

2つの用途、又は2人分の子ども部屋としても使えます。

個室が増えれば、その分だけ仕切るための建材費が増えます。

それぞれの部屋に照明や冷暖房が必要なので、

家電代や電気代も増えます。

家族の人数に応じて部屋を増やすのではなく、

複数の用途に使える部屋づくりをすると

費用の増加を防げますよ。

■75.5%!

前述の調査で、

相談者が当初希望していた家と、

実際にできた家について

「異なることがある」と回答した専門家は

75.5%となりました。

その原因の一つとして

「どのような家に住みたいのか、

施主自身がわかっていない」

というものが挙げられています。

当初の希望と異なった家が完成しても、

それで満足度が上がったのなら、

きっと良い業者との出会いがあったのでしょうね。
ご不明点がございましたらお気軽に当社までお問合せください。
当社の経験豊富なスタッフが家づくりに関して全力でサポートいたします。


メールマガジン

「失敗しない住まいづくりの秘訣:全34回」や「失敗しない土地選び秘訣:全10回」の無料購読や
ブログでは話せない住まいに関する情報や定期的にプレゼント付のメールも配信中!!
登録は無料!住まいづくりの課題解決のヒントを詰め込んだメールマガジンです。

購読は無料!登録は簡単!是非ご登録ください。

都道府県


資料請求

サイトウホームは無垢材や自然素材にこだわり
住まう人と共に呼吸する家づくりを提案しています。

サイトウホーム資料御希望の方は、こちらからです。

無料資料のご請求はこちら
カテゴリー
More
最新情報
ランキング
月別アーカイブ
投稿者