サイトウホーム株式会社

052-934-7581
受付時間:10:00〜17:00(定休日:土日祝日)

ブログ

BLOG

2020年2月27日

寝汗は脳が働き続けている証拠

蒸し暑い日の朝、寝汗だけでも気持ち悪いのに、

身体が重くて疲れが抜けていないことはありませんか?

寝室環境

愛知県名古屋市で自然素材の家づくりをしている地域密着工務店
ナンバー1サイトウホームスタッフの近藤です。

疲れが抜けていない最大の原因は、

『体温の上昇を防ぐため、就寝中も脳が働き続けたから』です。

体温が上昇すると、脳は汗腺に汗を出すよう指示します。

健康な人でも一晩でコップ一杯程度の汗をかくと言われていますが、

体温を下げるためには、それ以上の発汗が必要です。

就寝中に汗をかきやすい原因には

・室温が高い

・ストレスが原因で体温調整がうまくいかない

・老化や更年期障害などで、ホルモンバランスが乱れがち

・飲酒過多

・感染症や糖尿病などの疾患

などがあります。

このうち、今日にでも解決できるのが室温の高さです。

(質の良い睡眠が、多少はストレスを軽減できるかもしれませんが…)

室温の高さを解決するために、

・就寝1時間程前からエアコン(26度設定)で寝室を冷やす

・タイマーを使わず、エアコンを付けっぱなしにして室温を維持する

・除湿機で湿度管理(理想は50%)する

といった方法が推奨されています。

とはいえ、エアコンが好きでない方や、

長時間の冷房に罪悪感を抱く方にとっては

逆にストレスになるかもしれません。

しかし、朝のだるさが続く時は、

「脳を休ませるため」と割り切ることも必要でしょう。

徐々に涼しい日が増えてきたからこそ、

暑さがぶり返した日の寝苦しさはつらいものです。

快適な室温の維持は、脳を守るだけではなく、

夜間熱中症の予防にも役立ちます。

もし、室温環境が整っているのに汗をかき続けるのであれば、

何らかの病気が原因かもしれません。

そんな家族がいれば、ぜひ早めに病院に連れて行ってあげてください。

家族の健康を守るため、より良い寝室環境を整えたいですね。

ご不明点がございましたらお気軽に当社までお問合せください。
当社の経験豊富なスタッフが家づくりに関して全力でサポートいたします。

ご不明点がございましたらお気軽に当社までお問合せください。
当社の経験豊富なスタッフが家づくりに関して全力でサポートいたします。


メールマガジン

「失敗しない住まいづくりの秘訣:全34回」や「失敗しない土地選び秘訣:全10回」の無料購読や
ブログでは話せない住まいに関する情報や定期的にプレゼント付のメールも配信中!!
登録は無料!住まいづくりの課題解決のヒントを詰め込んだメールマガジンです。

購読は無料!登録は簡単!是非ご登録ください。

都道府県


資料請求

サイトウホームは無垢材や自然素材にこだわり
住まう人と共に呼吸する家づくりを提案しています。

サイトウホーム資料御希望の方は、こちらからです。

無料資料のご請求はこちら
カテゴリー
More
最新情報
ランキング
月別アーカイブ
投稿者